2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ガブリエル・モジェイ来日セミナー
2010/10/14(Thu)
今日は、新宿でセミナーを受けてきました
 
「クリニカルアロマセラピー・東洋医学的アプローチ」
  ガブリエル・モジェイ来日セミナーです。

ガブリエル・モジェイ先生はイギリスから昨日来日されたそうで、

時差ぼけもあり、ちょっぴりお疲れのご様子とのことでしたが、

講義が始まると、とても、滑らかなスピーチでした。


今日は「呼吸器疾患と筋骨格系疾患に対するエッセンシャルオイルと
 経絡トリートメント」の講義でした。


呼吸器系では1.8シネオールという成分 (去痰作用や抗ウイルス作用をもつ)

が主成分のユーカリグロブルスが活躍します。

その他肺の気を強壮する芳香精油は

セージ パイン タイム ヒソップです。

中でも、わたしが今日気に入った香りは

パインの仲間 松科の

ブラックスプルース(Picea nigra)です。

スーッとする香りですが、ユーカリほど強くなくてウッディーな香りです。

作用は、鬱滞除去作用があり痰を出しやすくして体の中にこもっている気を

促進させます 

そして、感情の部分への働きは、

魂を活性化させ、感情を包み込んで上昇させる効用があります

森を散歩しているような気分にさせてくれる香りです。


メランコリック、悲しくて引きこもってしまうとき・・、

後悔や失ったものを抱えているとき・・、

にお勧めで、

過去にとらわれやすい人、傷つきやすい人を

守ってあげる、気を作ってくれるんだそうです。



私は、持っていない香りだったので、

早速買って見ました~


そして、

興味深かったのは、施術をするときのブレンド濃度が

私が習ったのとはかなり異なっていたことです。

通常は 1滴=0.05ml 1ml=20滴 

としてを計算するのですが、

先生の推奨する濃度は1ml=30滴として計算をします。


20mlのキャリアオイルに2%濃度のブレンドオイルを作るとすると
8滴になりますが・・
          
1ml= 30滴で計算すると、12滴になります


そして、全身のマッサージではこの濃度で2%

軟膏や、オイルで部分的にアプローチするときには4~5%、マックス20%です。


マッサージをしながら、経絡のつぼを捉えて

アプローチする方法も学びました。

これからの、施術際に取り入れて見たいと思っています


セミナーは明日も続きます。

 
まだまだ、最新の情報が沢山あるのですが、

またの機会に、お話します~

また、明日のセミナがー楽しみです。



RosaMundiアロマセラピーサロン「ロサ・ムンディ」

「ヒプノセラピーで内面の輝きをサポート!」こちらのブログも覗いてみてね

[気ブログランキング ]  156ぷちっとよろしくお願いします

 日本カルチャー協会講座の詳細はこちら



スポンサーサイト
この記事のURL | 日常のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://blog3628.blog80.fc2.com/tb.php/384-fbb39dc1

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。