2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
前世療法
2010/03/15(Mon)
ここのところお友だちに前世療法のセッションをしています。

初回からはなかなか深い催眠に入れない方もいるのですが、

催眠とはこんな感じ~と

15分程度のリラクゼーションを体験して頂いて

それから、もう一度催眠に誘導すると、

かかる方もリラックスしてればいいのね~と

催眠に対する不安もなくなりすんなりと深い催眠に入れるようです


今回は、ご自分のきななっている存在の方との関係を前世を通して見ていきました

何時も孤独で生活をしていた少女は、大人になっても、何時も誰かを待っていました。

その存在が誰だか判らなかったのですが、過去世での魂が行き着く中間世とよばれるところで、

ソウルメイトの存在に気づいたのです。

これからの人生に意味あるメッセージを沢山頂いて帰ってきました。


私も、スクールで前世療法を受けているとき4つの違う前世を体験しました

初回のセッションで前世に降り立ったとき、私は10才でした。

ヨーロッパ調の大きな三角屋根のお城のようなお家に住んでいました。

自分が何をしているのか聞かれているのですが、

なぜか、だんだんと悲しみがこみ上げてきて、


前世療法のセッションに入る前に、デモストを見たとき、あまりにも悲しい前世で

うるうるしてしまった私は、その余韻が残っていて悲しいのかと 思っていました。


おひげのお爺様に外に出ると叱られるのです。

それを考えたら、だんだんとその感情が強くなり涙が出てきました。

身の回りのお世話をしてくれる老婦と両親、

私はベットの中でいつも本を読んで過ごしていました。

そばには優しい微笑みをした母親がいました。


少し時代をさかのぼりましょうと、20才の時に誘導されました。

このころの私は、庭や外へ買い物程度は街に出ることは許されていました。


そして病弱だった私は30才と若くして死んでしまいます。

そばには、愛する恋人がいて悲しんでいる様子が見えました。

ここで、やり残したことをメッセージとして告げています。

私は、健康でいたかったこと。愛する人ともっと一緒にいたかった、

愛されたかった、愛したかったことを悔やんでいました。


この前世を体験した夜、不思議と自分の10才の時を思いだしていました

私は10歳の時交通事故に遭い、

2ヶ月ほど入院したことがあります。

その時、ベッドで本を読んで過ごしていて、

そばには母親が何時もいて、

病室の窓から、外を眺めて早く学校に行きたいな~と

悲しい思いをしていたのです。



潜在意識が開くと幼少のころの思い出や過去の記憶を思い出しやすくなります。

何だが、描写が重なりとても不思議でした。


4月より前世療法セッション開始します

1セッション 2時間半から3時間  ¥25,000→ ¥10,000

この機会に是非 ご体験下さい。


貴方の、気になる存在との関係、 気になる行動(同じパターンをくり返す)の意味を知る

トラウマの解放などに活用できます


サロンからのおしらせ
 ~3月のキャンペーン~
春の美肌フェイシャル(エイジング・乾燥)¥12,000→6,500
冬に乾燥でダメージを受けたお肌にたっぷり保湿をして、みずみずしいお肌を取り戻しましょう。

ご予約はこちらから・・・

RosaMundiアロマセラピーサロン「ロサ・ムンディ」

[気ブログランキング ]  156ぷちっとよろしくお願いします

 

 


スポンサーサイト
この記事のURL | ヒプノセラピー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://blog3628.blog80.fc2.com/tb.php/329-6419681a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。